有馬道の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

尼崎ガス発祥の地 ありまみち 有馬道

神崎町に建つ道標
有馬道と間道(妙見道)との分岐にあった道標
  • 文化財説明板所在地
  • 尼崎市神崎町12
  • 阪神バス「神崎」北西約350m
大阪方面から有馬温泉へ行く道筋を「有馬街道」と呼び親しんできました。神崎から北上し、藻川沿いに猪名寺・伊丹に至る本道と、次屋・下坂部・久々知・上坂部・塚口を通って昆陽(伊丹市)に至り宝塚市内で本道と合流する間道の2コースあったことが知られています。この道標は1878年(明治11)本道と間道の分岐点に建てられましたが、その後現在地に移転されました。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801