浜田川水論牢死者墓碑の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

浜田川水論牢死者墓碑 はまだがわすいろんろうししゃぼひ 浜田川水論牢死者墓碑

浜田川水論牢死者墓碑
10名の名前が刻まれた墓碑
  • 所在地
  • 尼崎市浜田町2丁目63
  • 阪神バス「浜浦町」南約250m
  • 阪神バス「浜田小学校」北約250m
  • JR「立花」駅 南約700m
江戸時代の後半、浜田村と西難波村との間では蓬川上流の用排水路をめぐって、たびたび水争いが起こりました。明和元年(1764)に起こった騒動では、浜田村の役職者などが入牢し、全員死亡しました。このとき亡くなったとされる10名の霊を弔うため、名前を刻んだこの碑を安永4年(1775)浄専寺境内に建て、戦後現在地に移転されました。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801