登録文化財小西家住宅の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

史跡名 さいごくかいどう・ひげじゃや 西国街道・髭茶屋

旧西国街道(西昆陽2丁目)より西方
旧西国街道(西昆陽2丁目)より西方
  • 文化財説明板所在地
  • 尼崎市西昆陽2丁目10-5
  • 阪神バス「髭茶屋」南西約300m
西国街道は伏見宿から分かれ、山崎・芥川・郡山・瀬川・昆陽の5宿を経て西宮宿に至る街道です。古代・中世の山陽道として整備された幹線道路で、江戸時代には京・伏見街道とも山崎通りとも呼ばれた江戸時代の主要な街道の一つでした。
髭茶屋は街道筋に店を開いていた西昆陽の茶屋の一軒です。言い伝えでは茶屋を経営していた安兵衛さんが立派な髭を蓄えていたためこのように呼ばれるようになったと言われています。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801