治田寺の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

治田寺 じでんじ 治田寺

治田寺
治田寺
  • 所在地
  • 尼崎市戸ノ内町2丁目4-11
  • 阪神バス「戸ノ内町2丁目」東約250m
治田寺は、真言宗の寺院で、寺伝によれば聖武天皇の勅許を得た行基が当地の霊木を自ら刻み本尊の薬師如来を造仏し、治田寺と号したと伝えられています。阿弥陀如来坐像(県指定文化財)は、檜材の寄せ木造り、像高138cmの平安時代末期の仏像です。本堂の十一面観音菩薩立像(市指定文化財)は、高さ100cmの一木造です。温雅な面相から平安時代後期の作と推定されています。なお、県指定文化財の阿弥陀如来坐像は昭和63年に京都の国宝修理所で保存修理されました。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801