深正院の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

深正院 じんしょういん 深正院

深正院にある尼崎藩主松平忠喬の墓
深正院にある尼崎藩主松平忠喬の墓
  • 所在地
  • 尼崎市大物町2丁目8-26
  • 阪神「大物」駅 南西約200m
深正院は、正徳元年(1711)に尼崎に入封した尼崎藩主松平忠喬が先代忠倶の菩提を弔うためその院号を寺名として建立した浄土宗の寺院。尼崎藩主桜井松平氏の菩提寺であり、境内には松平氏一族や家臣の墓があります。かつての本堂は尼崎城の廃城に伴い、本丸御殿の金之間を買収移築したものでしたが、戦災で焼失しました。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801