水堂古墳の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

水堂古墳 みずどうこふん 水堂古墳

水堂古墳から発掘された三角縁神獣鏡
水堂古墳から発掘された三角縁神獣鏡
  • 所在地
  • 尼崎市水堂町1丁目25-7
  • 水堂須佐男神社境内
  • JR「立花」駅西約700m
水堂古墳は、原形が著しく損なわれていますが、全長約60mと推定される古墳時代前期の前方後円墳です。昭和37年の発掘調査で、後円部から粘土槨に覆われた長さ約7m、幅約1mの割竹形木棺が見つかりました。木棺の内側は朱が塗られ、鉄刀、短剣、鉄槍、胡ろく(矢筒)、三角縁三神四獣鏡(径23cm)などが副葬されていました。三角縁神獣鏡は奈良県黒塚古墳、京都府芝ガ原11号墳と同型鏡です。出土遺物は尼崎市指定文化財、尼崎市立文化財収蔵庫で展示中です。また、検出された粘土槨は水堂須佐男神社内の水堂古墳保存館で、社務所に申し出れば見学することができます。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801