長洲天満神社の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

長洲天満神社 ながすてんまじんじゃ 長洲天満神社

長洲天満神社本殿
兵庫県指定文化財の長洲天満神社本殿
  • 所在地
  • 尼崎市長洲本通3丁目5-1
  • 阪神バス「天満神社」すぐ
学問の神として尊崇される菅原道真を祭神として、道真が太宰府に流される途中に長洲で滞在した際に贈った自画像を祀ったのが由縁と伝えられています。長洲天満神社の本殿の建立年代は、神社に残された棟札から慶長12年(1607)と判明しています。桃山時代の特色をよく示した建造物で兵庫県指定重要文化財です。また、阪神・淡路大震災で被災し保存修理工事が行われた際、屋根の野地板の補修材として再利用されていた、市内では最も古い年紀が記された絵馬を含む27点が発見されて尼崎市指定文化財になりました。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801