若王寺遺跡の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

若王寺遺跡 なこうじいせき 若王寺遺跡

発掘された古墳時代のフイゴの羽口
発掘された古墳時代のフイゴの羽口
  • 文化財説明板所在地
  • 尼崎市若王寺3丁目11
  • 阪神バス「近松公園」東約300m
  • 阪神バス「百合学院」南東約300m
若王寺遺跡は弥生時代後期から古墳時代後期まで継続する遺跡です。掘立柱建物・土坑などの遺構や、土器、石製品の他、古墳時代後期の土器と一緒に鞴(ふいご)の羽口や鉄滓など製鉄に関する遺物も出土しました。この遺跡に生活した人たちがこの辺りでは数少ない製鉄に関わりをもつ人たちであったことが分かりました。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801