西武庫十三重塔の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

西武庫十三重塔 にしむこじゅうさんじゅうのとう 西武庫十三重塔

盗難被害後の十三重塔
被災・盗難被害後の十三重塔
  • 所在地
  • 尼崎市武庫元町2丁目9-2
  • 須佐男神社内
  • 阪神バス「西武庫公園」南約150m
西武庫十三重塔は、社殿に西面して建てられている鎌倉時代後期の花崗岩製の層塔です。一番上の相輪はすでになく、後のもので補っており、この相輪を除くと4.1メートルの高さになります。塔身の東面には「右造立供養之意趣者、為二親菩提法界衆生平等利益也、元応二年(1320)八月十九、神主三室藤□敬白」と39字の銘文が刻まれ、他の三面には坐像が配置されています。鎌倉時代に神主三室を願主にして、両親の供養のために建てられたことがわかります(兵庫県指定重要文化財)。兵庫県南部地震により倒壊し、その後塔身が盗難に遭うなどの被害を受けました。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801