如来院の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

如来院 にょらいいん 如来院

如来院本堂
尼崎市指定文化財「如来院本堂」
  • 所在地
  • 尼崎市寺町10-2
  • 阪神「尼崎」駅 南西約500m
如来院は、奈良時代に聖武天皇の勅願により行基菩薩が神崎に釈迦堂を建立したのが始まりと伝えられ、法然上人と遊女にまつわる物語が語り継がれています。本堂・表門が尼崎市指定文化財に指定されているほか、銅鐘(市指定文化財)は、応永32年(1425)の年号があり、境内の嘉暦2年(1327)花崗岩製の笠塔婆(市指定文化財)は両親の33回忌の供養の為に建てられたものです。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内5番地尼崎市立文化財収蔵庫仮事務所内 電話ファックス番号とも06-6489-9801