下坂部遺跡の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

下坂部遺跡 しもさかべいせき 下坂部遺跡

下坂部遺跡から出土した小さな鏡
下坂部遺跡から出土した小さな鏡
  • 文化財説明板所在地
  • 尼崎市下坂部3丁目15
  • 溝手公園内
  • 阪神バス「下坂部」東約150m
下坂部遺跡は下坂部3丁目一帯に広がる遺跡で、中心部を溝手公園として保存されている弥生時代後期から古墳時代まで続く遺跡です。1957年(昭和32)の調査では、弥生時代後期から古墳時代前期の頃のものと見られる径3.8cmの鈕を中心に2条の圏線がめぐるだけの小さな青銅鏡(市指定文化財)が出土しています。またそれ以前の昭和25年の調査では4.6cmの滑石製の勾玉が1点発見されています。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801