辰巳橋遺跡の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

辰巳橋遺跡 たつみばしいせき 辰巳橋遺跡

辰巳橋遺跡遠景(高速道路橋脚工事で出土)
辰巳橋遺跡遠景
  • 文化財説明板所在地
  • 尼崎市東本町1丁目 東町緑地
  • 阪神バス「東本町」東約350m
  • 阪神「大物」駅 南東約550m
国道43号線建設にともなう下水道工事の際、辰巳橋西北詰の地表下8mまでの砂層中から鎌倉時代から江戸時代にいたる多量の遺物が出土しました。室町時代の文安2年(1445)の「東大寺兵庫北関入船納帳」には尼崎町のうち辰巳在住の船主・船夫・問屋筋の人数が数多く登場し、繁栄ぶりが文献からもうかがえます。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801