寺江亭跡の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

寺江亭跡 てらえていあと 寺江亭跡

昭和15年に建てられた「寺江亭阯伝説地」の石碑
昭和15年に建てられた「寺江亭阯伝説地」の石碑
  • 所在地
  • 尼崎市杭瀬寺島2丁目1
  • 阪神バス「杭瀬団地」東約650m
寺江亭は平安時代の末、平氏政権の有力者の五条権大納言藤原邦綱が築いた別邸で、寺江山荘とも呼ばれていました。厳島御幸の高倉上皇や福原遷都の安徳天皇他多くの貴人が訪れ、川から直接邸内へ船に乗ったまま入ることができる寝殿造りの建物であったと当時の記録に記されています。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801