富松城跡の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

富松城跡 とまつじょうあと 富松城跡

土塁の残る富松城跡(北から)
土塁の残る富松城跡(北から)
  • 文化財説明板所在地
  • 尼崎市富松町2丁目13
  • 阪神バス「富松城跡」すぐ
富松城跡は、戦国時代の城館跡で、長享2年(1488)の史料にその名がみえます。永正4年(1507)から始まった室町幕府管領、細川氏の分裂抗争を発端とする戦乱が尼崎地域に及ぶと、西摂地域の重要拠点であった尼崎城・伊丹城・越水城(現西宮市)のほぼ中間地点に位置し、戦略上の要地である富松城は、その戦乱の主要な舞台の一つとなります。現在、城の西側の守りとして築かれた土塁の一部が、幅11メートル、高さ4メートルにわたり残されています。これまでの発掘調査では土塁の内側(東側)にあたる場所で大規模な堀が見つかっていることから、富松城は土塁と二重の堀を備え、東西150メートル以上、南北200メートル以上の規模の城館であったと推定されます。

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801