ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の指定文化財 尼崎の指定文化財

木造日隆上人坐像 ぢょうおんじきゃくでん 長遠寺客殿

長遠寺客殿
拡大(1024px×768px 171kb 別窓)
  • 指 定 県指定重要文化財
  • 種 別 建造物
  • 数 量 1棟
  • 所在地 尼崎市寺町10
  • 所有者 長遠寺
  • 指定日 昭和40年3月16日
桁行七間半、梁間五間半、入母屋造り、平入り、本瓦葺。棟札によって慶長16年(1611)に建立され、宝永4年(1707)10月4日の大地震で倒壊したことが分かっています。
建物平面は、六間取りの一般に見られる形式をもち、広縁を正面と左側(西側)の二面にまわし、この二面の外側に一段低く落ち縁をめぐらせています。前面三室は中央に12畳半、その両脇に10畳間2室を配し、襖で仕切っています。ただし、 上には欄間は入らず、 がまわるので、この三室にはあまり一体感はありません。背面の三室は奥行き二間をとり、中央に 、向かって左に付け書院を有する上の間、右に納戸を設けています。阪神・淡路大震災後の保存修理工事の際、近代になって改変された部分、書院北側の後設の壁や柱を撤去して北に50cm張り出した床の間を復元し、西側の広縁北端の押入れを撤去し元に復した工事を行いました。柱は大面取り、軒は一軒疎とし、全体の意匠簡明清楚で、よく時代の特質を表しています。建立後に度重なる修理を受けていますが、概ね当初の規模を伝えており、桃山時代客殿として本興寺の客殿(方丈)に次ぐ貴重な建物です。

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内5番地尼崎市立文化財収蔵庫仮事務所内 電話ファックス番号とも06-6489-9801