ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の指定文化財 尼崎の指定文化財

光輪寺顕如上人画像 けんぽんちゃくしょくけんにょしょうにんがぞう 絹本著色顕如上人画像

顕如上人画像縮小画像
拡大(部分) 1280×1248 395kb 別窓
  • 指 定 尼崎市指定文化財
  • 種 別 絵画
  • 数 量 1幅
  • 所在地 尼崎市西立花町2-17-8
  • 所有者 光輪寺
  • 指定日 平成17年3月29日
准如の裏書
准如の裏書
浄土真宗本願寺派の光輪寺に伝わる本願寺11世宗主顕如光佐(1543-92)の姿を描いた画像です。袈裟を着て上畳に右斜め向きに座り、右手をやや上にあげ両手で念珠を持つ姿で描かれ、画像の左上には「顕如上人」の墨書があります。掛幅の裏側には「准如(花押)」、「文禄三載甲午」、「□□上人□影」と書かれている裏書があることから、顕如が没した文禄元年から間もない時期に描かれたものとみられます。また、准如の裏書がある顕如画像としても早い時期のものであり注目されます。
本図は市内に現存する数少ない桃山期の浄土真宗の宗主画像として貴重な存在であり、また、一向一揆が盛んであった中世末から近世初頭にかけての時期の資料を伝える浄土真宗寺院が市内にほとんどないことから、当地域における浄土真宗の伝播を物語る資料としても貴重です。

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内5番地尼崎市立文化財収蔵庫仮事務所内 電話ファックス番号とも06-6489-9801