ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の指定文化財 尼崎の指定文化財

 御園古墳石棺 みそのこふんせっかん 御園古墳石棺

御園古墳石棺
  • 指 定 尼崎市指定文化財
  • 種 別 考古資料
  • 数 量 1基
  • 所在地 尼崎市塚口本町8-1-24
  • 所有者 尼崎市
  • 指定日 昭和59年3月26日
この石棺は、昭和8年御園墓地の墓地整理が行われた際に発見されました。場所は墓地(御園古墳墳丘)の西部と伝えられています。平らに加工された厚さ20cmほどの切石を組み合わせた「組み合わせ式石棺」で、4枚の切石をつないだ底石の上に溝を彫りこみ、長辺の側石を立てた後にその外側に短辺を組み合わせ、2枚の蓋石(ふたいし)をかぶせた家形石棺です。蓋石には両辺に縄懸け突起を造りだし、内側には刳り込みが施されています。発見当時は2枚とも残っていましたが、現在は1枚のみで、他の1枚は破砕され断片として石棺内に残されています。
大きさは、長さ2.15m、幅1.20m、高さ1.10mあり、石棺の形式やそれまでに発見されている遺物などから6世紀中頃のものと考えられています。この石棺が埋納されていた御園古墳は、後世の墓地造成により外形を著しく損なわれていますが、東西に主軸をもつ全長約60m、高さ約3mの前方後円墳と推定されています。須恵器などの土器以外に、鏡・玉・剣などの出土が伝えられていますが、2口の直刀(うち1口は環頭太刀)以外は所在は不明です。
この石棺の石材は、神戸層群中の白色系の泥質堆積岩で、小さな黒粒を含んだ細粒の砂岩質のものです。石棺の石材としての使用は数も少なく、兵庫県東部に限られていると見られています。発見後位置を移し、長期間露天にさらされていたため損壊が著しくなったため、昭和56年に樹脂加工による保存処理を施し、出土した位置に近いところに戻しました。

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801