ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の指定文化財 尼崎の指定文化財

長洲天満神社絵馬 ながすてんまじんじゃえま(つけたり、ほうのうしゃめいきふだ 1まい) 長洲天満神社絵馬(附 奉納者名木札 1枚)

長洲天満神社絵馬
拡大(992×686 183kb 別窓)
  • 指 定 尼崎市指定文化財
  • 種 別 歴史資料
  • 数 量  27面
  • 所在地 尼崎市東七松町1-23-1
  • 所有者 尼崎市
  • 指定日 平成12年3月23日
発見された27面の絵馬は、長洲天満神社本殿の桧皮葺屋根の野地板の補修材として裁断されて使用されていました。裁断された絵馬の断片と見られるものは93点あり、図柄や形状から絵馬27面と奉納者名を連記した木札1枚が復元されています。絵馬27面のうち、19面については延宝8年(1680)から寛保元年(1741)の間の奉納年月日が確認されます。長洲天満神社本殿は、宝暦年間(1751から64年)に覆屋の工事が行われており、絵馬はこの時に本殿の葺き替えの際に裁断されて使用されたと考えられます。現在尼崎市内では他に例のない17世紀の絵馬が、長期間にわたって神社本殿の桧皮の下という密閉された状態で保存されてきたことから、鮮やかな彩色が良好に残されており、当時の色合いをそのまま伝えていることは大変貴重です。下地には胡粉や黄土が塗られていますが、最も古いものは素地仕上げで、絵馬の変遷の様子も窺え、学術的にも価値の高いものです。
また絵馬に記載されている奉納者名からは、長洲天満神社の地元の住民のほか、尼崎城下町さらには大坂までの地域を含む人々の信仰の対象になっていたこと、尼崎の寺子たちから奉納があったことなどが知られ、江戸時代の庶民の信仰生活の一端をうかがうことのできる貴重な資料でもあります。
長洲天満神社絵馬一覧
番号 絵馬名 年月日 奉納者
1 武者絵 延宝8年正月?5日 油□□□他2名
2 人物図 貞享□年9月 (判読不能)
3 景清・国俊錣引き図 元禄2年□月?5日 (判読不能)
4 宇治川先陣図 元禄7年正月 □五郎他16名
5 二十四孝郭巨図 元禄14年□月25日 □□□(中園?)
6 渡辺綱鬼退治図 宝永元年9月25日 伊之松他4名
7 男女図 宝永5年□月日 大坂新町〔   〕
8 二十四孝郭巨図 宝永7年2月2〔 〕 文太郎他7名以上
9 人物図 正徳元年11月 尼崎西町□左衛門〔 〕男女卅一人
10 景清・国俊錣引き図 享保10年〔  〕 尼ケ崎西町壱丁目新納清吉他3名
11 牛若丸・弁慶図 享保15年卯月日 尼崎辰巳町七之介他13名
12 為朝・鬼力比べ図 享保15年6月25日 尼崎・別所村・京町大部屋伝吉他8名
13 渡辺綱鬼退治図 享保18年正月25日 斎藤八助
14 熊谷直実・平敦盛図 享保18年5月25日 当村寺子虎吉他15名
15 人物図 元文3年正月吉日 海渡屋七郎他4名
16 源頼光・坂田金時図 元文3年3月吉日 絵屋喜太郎
17 景久・義貞力比べ図 寛保元年6月 山崎氏
18 人物図   亥年9月29日 ----------
19 神馬図 〔  〕年6月21日 ----------
20 和藤内虎退治図 ---------- □(杭?)瀬〔   〕
21 高砂図 ---------- 尼崎辰巳町阿波屋岩松
22 高砂図 ---------- ----------
23 神馬図 ---------- ----------
24 渡辺綱鬼退治図 ---------- ----------
25 高砂図 ---------- 〔    〕当村氏子
26 神功皇后皇子出産図 ---------- ----------
27 文字「菖蒲」 ---------- ----------
28 奉納連名 ---------- 尼崎西町船屋松之助他17名

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内5番地尼崎市立文化財収蔵庫仮事務所内 電話ファックス番号とも06-6489-9801