ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の指定文化財 尼崎の指定文化財

如来院銅鐘 どうしょう 銅鐘

銅鐘
拡大 460×706 62.7kb
  • 指 定 尼崎市指定文化財
  • 種 別 工芸
  • 数 量 1口
  • 所在地 尼崎市寺町11
  • 所有者 如来院
  • 指定日 昭和59年3月26日
如来院境内の南西隅に建っている、鐘楼にかけられた青銅製の銅鐘。総高89.8cm、龍頭高16.4cm、鐘身高65.9cm、口径52.0から52.9cm、爪(鐘身最下端部)の厚さは5.5cmあります。下端はほぼ水平で、乳は4段4列で完存し、撞座(どうざ)は2面に刻出されています。
2区にわたって下記の陰刻銘があり、応永32年(1425)に摂津国椋橋嶋堂の勧進寺の鐘として鋳造されたことが本銘で、また、鋳造後19年を経た嘉吉3年(1443)に丹波の西楽寺へ買い取られたことが追銘によって知られますが、如来院の所有となったいきさつについては分かりません。
現在市内には多くの銅鐘が残されていますが、本鐘は銘記によって鋳造年代が最も古いこと、また、鋳工が知られ、かつ所在の変化が追銘によって知られることなど貴重な歴史資料といえます。
銘文

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内5番地尼崎市立文化財収蔵庫仮事務所内 電話ファックス番号とも06-6489-9801