ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の指定文化財 尼崎の指定文化財

富松神社 本殿 とまつじんじゃ   ほんでん 富松神社 本殿

富松神社本殿
拡大(933px×725px 90.1kb 別窓)
  • 指 定 県指定重要文化財
  • 種 別 建造物
  • 数 量 1棟
  • 所在地 尼崎市富松町2-23-110
  • 所有者 富松神社
  • 指定日 昭和43年3月29日
本殿は現在コンクリート造りの覆屋内にありますが、一間社春日造り、柿葺(こけらぶき)の建物です。神社所蔵の古文書によれば、現在の本殿は、寛永13年(1636)に社司「良雄」が建立したとあり、様式的に見てもこの時期に建立されたと考えられています。 (こうはい)は面取り角柱をたて、 (かしらぬき)先端を象鼻として (つれみつど)を組む。 (なかぞなえ)に (かえるまた)を飾り、 (もや)とは (えびこうりょう)で結ぶ。身舎柱は円柱で、上下に長押をうつ。正面には格子戸を装置していたと思われ、内部は に分けられていたようです。軒は向拝・身舎ともに一間 とし、屋根は を置くのみで、 等は飾っていません。正面の扉や縁まわりに後補の跡がみられるが、組物・蟇股などは極彩色で、壁には絵画が施されており、華麗な桃山時代の余風をよく伝えています。

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内5番地尼崎市立文化財収蔵庫仮事務所内 電話ファックス番号とも06-6489-9801