ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の指定文化財 尼崎の指定文化財

東大寺領荘園文書 とうだいじりょうしょうえんもんじょ 東大寺領荘園文書

東大寺領荘園文書
長元元年官宣旨案 拡大(3349×2097 785kb 別窓)
  • 指 定 尼崎市指定文化財
  • 種 別 古文書
  • 数 量 2巻(各3通)・2通
  • 所在地 尼崎市東七松町1-23-1
  • 所有者 尼崎市
  • 指定日 平成17年3月29日
尼崎に所在した猪名荘を含む東大寺領荘園に関わる平安時代中期から後期の古文書です。
  1. 東大寺領摂津国水無瀬荘(みなせのしょう)・猪名荘(いなのしょう)関係文書1巻(3通)は両荘に対する臨時の賦課をめぐる摂津国司(こくし)との争いに関わる内容の資料
  2. 大和国清澄荘(きよずみのしょう)関係文書2通は同荘の荘官の役負担免除命令
  3. 美濃国大井・茜部荘(あかなべのしょう)関係文書1巻(3通)は両荘への賦課を中止するよう命じた朝廷の命令の写しです。
1はいずれもこれまでに知られていない内容の古文書で、猪名荘に関する未発表の古文書が含まれています。また、1と2には、現在国宝に指定されている東大寺文書(東大寺所蔵)と同様の経巻の軸を転用した題籤軸(だいせんじく)が伝来しているのも注目されます。
本文書は現市域内に奈良時代に成立し、以後、東大寺の重要荘園として存続した猪名荘に関わる新発見の古文書が含まれており、尼崎とも関わりの深い東大寺の平安時代中後期における荘園経営の様相を示す貴重な資料です。
指定文書目録
番号 文  書  名 年 月 日 法量(cm)
1-a 官宣旨案 長久元(1040)年11月28日 29.0×47.8
1-b 官宣旨案 長久5(1044)年 8月26日 30.0×40.0
1-c 水無瀬荘田堵等解 天喜4(1056)年 2月23日 29.0×47.0
2-a 越中大夫資信奉書 (仁平3年)  10月 5日 32.0×57.2
2-b 散位某奉書 仁平3(1153)年10月 7日 30.8×53.0
3-a 太政官牒案 天徳4 (960)年12月27日 30.6×55.3
3-b 太政官符案 延久3(1071)年 6月30日 30.8×166.5
3-c 官宣旨案 承保2(1075)年 8月23日
長久元年 官宣旨案
長元元年 官宣旨案

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2尼崎市立文化財収蔵庫内 電話ファックス番号とも06-6489-9801