登録文化財本田家住宅の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の登録文化財 尼崎の登録文化財

本田家住宅 ほんだけじゅうたく 本田家住宅

主屋北側外観
主屋北側外観
  • 員 数 3棟
  • 所在地 西本町2丁目
  • 年 代 江戸末期から明治20年代
  • 構 造 木造2階建
  • 切妻造 他
本田家は江戸時代の尼崎の城下町であった、城の南西に位置する中在家町にあり、両替商から材木商、のちに質屋を営んだ商家で、今回は同住宅のうち主屋、巽蔵、乾蔵の3棟が登録されました。
主屋は、北側道路に面して建ち、正面は黒漆喰(くろしっくい)で塗られ、二階の外壁に付けられた虫籠窓(むしこまど)も黒漆喰仕上げとした、江戸時代末期に建てられた、落ち着いた外観の町屋建築です。
主屋の南側に建てられた巽蔵は、棟を東西に通した切妻造り桟瓦(元本瓦)葺妻入の二階蔵で、江戸時代末期の尼崎城下町の、豊かな商人の屋敷内に建てられた土蔵の遺構として貴重な存在です。
主屋の西隣にある乾蔵は、建立が1887年(明治20)と明らかで、他の建物とは時代による仕上げの違いが分かる点でも貴重です。
なお、本田家住宅は個人住宅のため、一般公開は行っていませんのでご了承ください。

登録建物の構造及び形式、並びに大きさ

番号 名称 構造、形式及び大きさ 年代
1 本田家住宅
主屋
木造つし2階建、切妻造、桟瓦葺
建築面積157.12平方メートル
江戸時代末期(昭和前期造築)
2 本田家住宅
巽蔵
土蔵造2階建、切妻造、桟瓦葺
建築面積19.88平方メートル
江戸時代末期
3 本田家住宅
乾蔵
土蔵造2階建、切妻造、桟瓦葺
建築面積25.12平方メートル
明治20年頃

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内5番地尼崎市立文化財収蔵庫仮事務所内 電話ファックス番号とも06-6489-9801