ブックタイトル尼崎市市制100周年記念事業報告書

ページ
31/62

このページは 尼崎市市制100周年記念事業報告書 の電子ブックに掲載されている31ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

尼崎市市制100周年記念事業報告書

尼崎市消防出初式尼崎市消防出初式は、市制100周年を記念し、市民の皆様も一緒に楽しみながら消防防災に親しんでもらえるよう、和太鼓クラブによる勇壮な太鼓演奏、チアリーダーによるダンスパフォーマンスをはじめ、あまゆーずが100周年PRソングを披露しました。そのほか、防災関連商品の展示ブース、子どもたちを対象とした消火体験やはしご車乗車体験コーナーなども人気を博し、ブースを回って集めるスタンプラリーも大盛況となりました。■実施日/平成28年1月10日■会  場/尼崎市立中央中学校■実施団体/尼崎市、尼崎市消防団、尼崎市防火協会■参加者数/2,377人まちをめざして■実施日/平成28年11月5日■会  場/あましんアルカイックホール・オクト、アルカイック広場、尼崎市防災センター、都ホテルニューアルカイック シビックギャラリー■実施団体/尼崎市■参加者数/約1,440人尼崎市防災フォーラム2016~ 100年の災害を振り返り、 次の100年に備える~安全・安心フォーラムVol.3これまでの災害に尼崎市はどのように向き合ってきたか、市制100周年の機会に改めて振り返り、それぞれの立場・世代を超えて、未来へ向けた災害への備えについて広く学びを深めるため開催しました。今回のフォーラムでは、気象予報士の正木明氏による特別講演や、尼崎市の災害の歴史を振り返る映像上映、久保元消防庁長官と井戸兵庫県知事の基調講演に加えて、久保元長官、井戸県知事、稲村市長をパネリストに、神戸大学名誉教授の室﨑益輝氏をコーディネーターに迎えたパネルディスカッションを開催しました。その他同時開催として、関係団体の協力により、起震車体験、非常持ち出し品の重さ体験など様々な防災体験ができる「防災ふれあいフェスタ」や過去の災害を振り返る写真展も実施しました。尼崎市市制100周年記念事業報告書 | 29記念事業