ブックタイトル尼崎市市制100周年記念事業報告書

ページ
49/62

このページは 尼崎市市制100周年記念事業報告書 の電子ブックに掲載されている49ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

尼崎市市制100周年記念事業報告書

関西国際大学の学生が「市制100周年記念ポストカード」を作成してくれました。尼崎の様々な魅力がデザインされた全8種類のテンプレートを、市のホームページからダウンロードできるようにしました。市立地域研究史料館職員の指導のもと、スポーツ少年団リーダースクールの子どもたち約30人が興味を持った尼崎の歴史的できごとをまとめてつくった歴史パネル。様々な100周年記念事業でお披露目されました。子どもたちによる子どもたちのための歴史パネル大学生がデザインしたポストカード実物大の尼崎城市制100周年である平成28年3月に卒園していく保育所児童たちが、「100」をテーマにした作品を制作してくれました。保育所児童の卒園制作市立尼崎高等学校の生徒が尼崎城、近松、100周年ロゴマークを12万本のつまようじを使用して描きました。12万本のつまようじアート「世界一大きな絵」は、世界中の子どもたちが描いた絵を繋ぎ合わせ1枚の世界一大きな絵を作成する事業です。なお、市立立花西小学校が描いたこの絵は、2020年に開催される東京オリンピック会場で尼崎市の代表として披露される予定です。県立尼崎高等学校美術部員が、20m×20mの布に尼崎城の天守を実物大で描いたもので「尼崎城一夜城プロジェクト」として、様々なイベント会場で披露されました。世界の子どもたちでつくる世界一大きな絵47PR 事業尼崎市市制100周年記念事業報告書 |