ユニチカ記念館の紹介。ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

史跡・文化財散歩 史跡・文化財散歩

ユニチカ記念館 ゆにちかきねんかん(きゅうあまがさきぼうせきほんしゃじむしょ) ユニチカ記念館(旧尼崎紡績本社事務所)

ユニチカ記念館
ユニチカ記念館
  • 所在地
  • 尼崎市東本町1-50
  • 阪神バス「東本町4丁目」東約400m
  • 阪神「大物」駅 南東約450m
ユニチカ記念館は明治33年(1900)に尼崎で最初の大工場である尼崎紡績会社(現在のユニチカ)の本社事務所として建設された建物で、建築年代が判明する建物としては、市内に現存する最も古い洋風建築です。煉瓦造り2階建てで、設計は尼崎紡績建築顧問の茂庄五郎の可能性があり、外壁を覆う赤煉瓦は大阪窯業・堺煉瓦等の国産です。現在は、閉館しており、内部の見学はできません。
  • 問い合わせ先
  • ユニチカ株式会社人事総務部
  • 電話 06-6281-5718

付近の地図

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴博・文化財担当が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内5番地尼崎市立文化財収蔵庫仮事務所内 電話ファックス番号とも06-6489-9801