ナビゲーションをスキップして本文へ飛びますpagetop

サイト内検索:

尼崎の文化財

尼崎の指定文化財 尼崎の指定文化財

木造日隆上人坐像 むこのしょういせきしゅつど おおがたほったてばしらたてものちゅうこん 武庫庄遺跡出土 大型掘立柱建物柱根

武庫庄遺跡出土 大型掘立柱建物柱根
9号柱根
拡大 3028×2004 795kb 別窓
  • 指 定 尼崎市指定文化財
  • 種 別 考古資料
  • 数 量 8本
  • 所在地 尼崎市南城内10-2
  • 所有者 尼崎市
  • 指定日 令和3年3月23日
武庫庄遺跡は、武庫之荘本町2丁目から武庫之荘7丁目にかけて所在する、弥生時代中期を中心とする集落遺跡です。
この柱根は、平成8年に実施した第36次調査で発見された大型掘立柱建物8ヶ所の柱穴から出土しました。また、集落の中心的建物であったと考えられる大型掘立柱建物は、東西8.5m、南北10.0m以上あり、これまでの例を上回る弥生時代日本最大級の建物と推定されます。
年輪年代
輪切りにした柱根(3号柱根)
柱根の伐採年を特定するために、8本の柱根のうち比較的状態の良好な5本について、年輪年代法による年代測定を実施したところ、輪切りにした3号柱根は紀元前168年に伐採されたと推定することができました。
これまで弥生時代中期は紀元前1世紀に始まると考えられていましたが、その年代観を約100年さかのぼる結果となり、弥生時代の実年代を考える重要な資料であるといえます。
なお、現在歴史博物館で一部の柱根を展示しています。
武庫庄遺跡出土 大型掘立柱建物柱根一覧
柱根名 材質 高さ 計測年輪数 年輪年代 辺材 伐採年
1号柱根 ヒノキ 40cm 70cm 383 B.C.487 -
2号柱根 ヒノキ 37cm 30cm - - -
3号柱根 ヒノキ 45cm 72cm 617 B.C.245 B.C.168頃
4号柱根 ヒノキ 25cm 50cm - - -
5号柱根 ヒノキ 40cm 67cm 232 B.C.377 -
6号柱根 ヒノキ 48cm 55cm 158 B.C.287 -
7号柱根 ヒノキ 40cm 64cm - - -
9号柱根 ヒノキ 80cm 90cm 241 B.C.370 -

関連情報 関連情報

尼崎の文化財のページは尼崎市教育委員会歴史博物館が発信しています。郵便番号660-0825 尼崎市南城内10番地の2 電話06-6489-9801 ファックス06-6489-9800